[住まいづくりの特損]消費税8%で建てられる経過措置って?!

 増税スケジュールを把握して、消費税8%で賢い住まいづくりを実現しよう!

増税て本当にするの?!しないで欲しい!というのが本音のところ。
しかし、実際に消費税増税が確実のものとなった時、慌てて準備した結果「失敗してしまった・・・」なんて最悪の事態に。
念には念を!私たちハウスメーカーは消費税増税の経験者です。前回の増税時も様々なケースを経験しました。
今から準備をする事で「損する事」を未然に防ぎましょう。

消費税増税はいつ?!「経過措置適用の請負契約期限」とは?

2019年10月1日から消費税が10%に引き上げられる予定です。※2018年4月1日現在
現行の消費税8%でマイホームを購入するためには、住宅のお引き渡しが2019年9月30日までに完了していることが条件となります。
つまり、建築請負契約を2019年3月31日までに締結すれば、2019年10月1日以降のお引き渡しになっても消費税8%が適用されます。

「経過措置適用の請負契約期限」の2019年の3月までに請負契約をした場合は引き渡し日に左右されず8%が適用され、「経過措置適用の請負契約期限」以降の2019年4月に請負契約をした場合は引き渡し日がターニングポイントとなります。つまり、後者の場合は、2019年10月までに引き渡してもらう必要があるのです。

ということは、2019年4月以降に契約しても、間に合わしてもらえばいいのでは?

一つの目安ではありますが、注文住宅の場合・・・
請負契約から着工まで4ヶ月、着工から4ヶ月で完成というのが一般的です。

・・・もちろん、物件の大きさにもよりますが、注文住宅の場合、ほとんどのハウスメーカーが6ヶ月での引き渡しは不可能です。
大切なお客様のお住まいだからこそ、しっかり打ち合わせをしなければ後で後悔するお住まいづくりになってしまいます。

「もう少し先だから・・・ゆっくり考えたい」と考えるのはとても自然な事です。しかし、皆さん考えることは同じ・・・
消費税5%から8%に増税の際は駆け込み契約が多く、お話を頂いた時点で間に合わないお客様が何組もいらっしゃいました。
また、住宅業界全般では短期間でハウスメーカーを決めた事によって、やりたい事ができないハウスメーカーと契約してしまった・・・
なんて悲惨な声も当時の住宅業界内では飛び交っていたのです。

「経過措置適用の請負契約期限」の2019年の3月以前にご契約が可能な方は早期のご計画ををオススメ致します。

ちなみに2%の影響ってどのくらい大きいの?

ちなみに・・・分母の大きい住宅にとって、消費税増税は懐に大きく響いてきます。具体的にどのくらい響くのかというと、

まったく同じ建物なのに、たった一ヶ月契約がずれ込んだだけで、46万円も負担増となりました。たった2%。されど2%。ちなみに家具や家電の購入は、ほぼ引き渡し後の購入になりますから、心の準備とタイミンがさえあれば早ければ早い程、お金の負担は軽減されます。

まとめ

「経過措置適用の請負契約期限」の2019年の3月まで、あと1年近くありますが ※2018年4月現在
住まいづくりの計画は、とても時間が掛かるものです。ご家族と相談し、是非お近くのウィザースホームまでお立ち寄り下さい。あなたにとって、どういったタイミングが「一番得する住まいづくり」になるのか、スタッフが丁寧にお応えします。

建築事例

  1. 理想が実現したクリエイティブな狭小3階建て。
  2. 「飾るを楽しむ」こだわりの二世帯住宅。
  3. 「いいな」を形にしたナチュラルな住まい。
  4. アイデア溢れる狭小3階建ての住まい。
PAGE TOP